mesi-horumoon:

メロンソーダ

auto-moai:






強要される選択の自由




2am in Harajuku on Valentine’s Day, 2014.


yon4yon:

パロディ&元ネタ



123go:

now that’s somethin’ beautiful.

torefurumigoyo:

大江麻理子

では、「4つ打ち」の次にバンドシーンのトレンドとなるのは何か? もっといろんなリズムで踊りたいし、でもやっぱりポップなのがいい。その要件を満たすのは、ファンク、ソウル、R&B、ディスコといった、ブラックミュージックの要素を含むポップスであり、Earth, Wind & FireやJACKSON 5と、Daft Punk の“Get Lucky”やファレル・ウィリアムスの“Happy”をYouTubeで並列に楽しむ世代がその鍵を握っているのではないかと思う。インディーシーンでは「シティポップ」という言葉がすでにここ数年のトレンドとなっているが、「ミスターシティポップ」ことかせきさいだぁがCINRAのインタビューで語った言葉を引用すれば、「シティポップは黒人音楽から影響を受けた人の作ったポップス」である。山下達郎が若い世代から再評価を受けているのも、つまりは日本人としてブラックミュージックを消化した第一人者だからであり、この流れがよりポップな形でオーバーグラウンド化していくと考えられる。
「4つ打ち」の次にくる邦楽バンドシーンのトレンドとは? - 音楽レビュー : CINRA.NET (via refta)


z3144228:

夏帆

cutupradio:

kagurazakaundergroundresistance:

deadgirls:

gkojax:

The Party Is Over (via Elif Sanem Karakoc)(via elkie)

bardiche-side-b:

YMSK “triangle clip” | AssistOn
50枚のコピー用紙を束ねて5冊、重ねたもの。左はいわゆる「ダブルクリップ」と呼ばれるもの。そして右側はこの「triangle clip」で留めたもの。

kwwwsk:

Amazon.co.jp: ユーユーワールド 元祖宇都宮 ご飯にかけるギョウザ 110g瓶: 食品&飲料

本日はNHKさんのmusic japanさんの収録を行ってきました。藤井さんとダンサー中野さんを迎えた”ディスコの神様”、みなさまのおかげでとっても素敵な瞬間になりましたし、なんと8年越しにPerfumeのみなさんと握手することができました。放映日は未定ですが、おたのしみに!!

Twitter / tofubeats

http://theinterviews.jp/tofubeats/41838

(via hyperf)




4年の放浪の果て、男は息子と一緒に女を捜しはじめる。
そしてヒューストンの下町の「のぞき部屋」で彼女が働いているのを見つける。
男は、女とそこで客として再会するのだ。
愛を復活させないように心を閉ざして、ストイックに再会するのだ。

「のぞき部屋」では客側から女を見ることが出来ても、向こうからは客の姿が見えない。
つまりはマジックミラー。
暗い方から明るい方を見ることはできるが、逆に明るい方から見るとガラスは鏡になっていて暗い方を見ることはできない。
写るのは自分の姿だけ。
向こうからは決して男の姿は見えない。常に一方通行。
声がマイクを通じて伝わるだけだ。


男は、ある友人の話として男と女の話を語る。
女は途中で話しているのが誰だか気がつく。
男は女の部屋の明かりを消させ、自分の顔に明かりを当てる。
女はマジックミラーの向こうに男の姿を見る。
そして逆に、男は女の姿を、見失う・・・。


名人ヴィム・ヴェンダーズはこのシーンだけで「男と女の愛とは何か」を描ききった。
いままで何千という映画が苦労して描いてきた、男女の愛のすれ違い、男と女の距離感、そして「愛のように見えたものの姿」を見事に象徴してみせたのだ。たった一場面で。


マジックミラーには自分の顔が写っている。
ぼんやり見える女の顔に重なって、自分の顔だけがはっきり見える。
なんてすごい場面だろう。
男の、女への「愛」を象徴するかのようだ。


相手への愛のように見えたもの。
それは「自分への愛」なのだ。

女を愛していたように見えて、男は「自分を愛していた」のだ。
自分が可愛かったのだ。
自己愛であり自己憐憫でありエゴなのだ。
愛している自分、愛しすぎている自分を愛しているのだ。
自分が嫉妬する分だけ、相手にも嫉妬して欲しいのだ。
自分が好きな分だけ、相手にも好きを求めるのだ。
自分が苦しんでいる分だけ、相手にも苦しみを与えたいのだ。
相手が傷つくことより、自分が傷つかないことの方に本当は関心があるのだ。

そう、それは自己愛にすぎない。

ボクたちは、わりと気軽に「愛」を口にする。
でも、それは決して相手のためではない。
自分のためなのだ。
そもそもそのレベルの愛とは、すべて自分のためだけのものなのだ。


「パリ、テキサス」|座右のシネマ (via handa) (via gkojay) (via urza358) (via konishiroku) (via fialux) (via axl5727) (via darylfranz) (via indivi) (via yksk) (via reretlet) (via mcsgsym) (via petapeta) (via lovecake) (via sakimura) (via yaruo) (via yaruolikes) (via yaruo) (via nashi-kyo) (via edieelee) (via baltan-av) (via cutupradio)